上演情報

静岡公演
「原泉アートデイズ!2020〜不完全性〜」にて上演
日時:2020年10月17日(土)、18日(日)
        11月14日(土)、15日(日)
全日程、①11:55〜 ②12:55〜 ③15:00〜 ④15:30〜の4回
※上演時間は約15分間です。1日4回、それぞれの時間で内容が異なります。
※お好きな時に席を立つことができます。どうぞお好きな時間までお過ごし下さい。

会場:静岡県掛川市 原泉地区(上演会場は萩間)
イベント公式サイトhttps://haraizumiart.com

京都公演

日時:2021年2月27日(土)、28日(日)
13:30 OPEN
14:30 パフォーマンス①(中庭)
15:30 パフォーマンス②(中庭)
16:30 パフォーマンス③(屋外)
17:00 CLOSE
※上演時間は約15分間です。①②と③で内容が異なりますのでご注意ください。
※お好きな時に席を立つことができます。どうぞお好きな時間までお過ごし下さい。

場所:旧質美小学校(質美笑楽講)(京都府船井郡京丹波町質美上野43

 

プロジェクトメンバー/クレジット

構成・演出:中谷和代
出演:芦谷康介、紙本明子、藤原美保、日向花愛(静岡)、日置あつし(京都)
制作:渡邉裕史、吉岡ちひろ(京都)
テクニカルスタッフ:脇田友
楽曲制作:瀬乃一郎
衣装:たかつかな
宣伝美術:ほっかいゆ r ゐこ
絵画制作:森岡りえ子
美術制作(京都):やまもとかれん

映像アーカイブ(静岡):脇田友
アーカイブ担当(京都):neco、駒優梨香

主催・企画・製作:ソノノチ
共催:一般社団法人フリンジシアターアソシエーション
協力:劇団衛星、企画団体〈世界平和〉、サファリ・P、スピカ、劇団なかゆび、何色何番、nidone.works、廃墟文藝部、プロダクション航路延長、劇団三毛猫座、ユニット美人、柴田惇朗
京都公演協力:質美笑楽講管理運営委員会、絵本ちゃん、423アートプロジェクト、bridge


京都芸術センター制作支援事業
made in KAIKA
芸術文化振興基金助成事業


最新情報

『風景によせて2021』コラム④【ソノノチの稽古場 /文:駒】

それぞれの稽古場に、それぞれの空気感があります。 もちろんこのソノノチの稽古場にも、独自の空気感が存在しています。 私はプロジェク …

コメントなし

『風景によせて2021』コラム③【ソノノチの稽古場/文:neco】

ソノノチの稽古場は、演出家の指示の元に舞台が立ち上がっていく、トップダウンの仕組みをとっていない。もちろん、演出である中谷さんから …

コメントなし

『風景によせて2021』コラム②【風景演劇の記録方法】

「上演がいつか中止になってしまうかもしれない」「この作品が日の目を浴びることはもうないかもしれない」 様々な不安の中で、舞台芸術に …

コメントなし

 


関連情報

1. 絵画制作からのアプローチ 
ソノノチが今回作品を上演する「風景」に対して、絵画制作からのアプローチを試みています。
Youtubeにて動画配信を行っています。


2.  SNS連動企画「ふとフォト」
現在
あなたの目の前には、一体どんな世界が広がっていますか?
その世界をフレームで切り取ると、たった一つの「風景」になります。
今回の上演にあわせて、皆さんから様々な風景の写真を募集しています。
フォトフレーム越しに写真を撮って、写真にハッシュタグ[#ふとフォト]をつけてSNSでシェアするだけ。
ふと足を止めて、あなただけのフレームで切り取った風景を共有してください。



詳細はこちらのページをご覧ください。
→フォトフレームカード(印刷用)ダウンロード